8月6日から、「機動戦士ガンダム」の魅力を紹介する「朝日新聞 機動戦士ガンダム版」が全国で販売されます。ガンダムシリーズのデータを満載するほか、1面とテレビ面は実際の朝日新聞にそっくりな体裁で臨場感たっぷりです。ガンダムの世界観のなかで、「一年戦争」終結の日にもし朝日新聞が発行されたらどうなるか――。迫力の紙面を「朝日新聞 機動戦士ガンダム版」でお確かめください。

この新聞は、東京の森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)で「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」(9月27日まで)が開かれたのを記念して発行します。通常の新聞と同じブランケット判なので読み応え十分。フルカラーの全16ページには、ガンダムシリーズの詳細な解説や、物語の生みの親・富野由悠季監督のインタビュー、誕生から35周年となるガンプラのパッケージコレクションなどがぎっしりつまっています。
 新聞はグラナダで和平交渉が結ばれる1月1日に発行したという設定で、「終戦を期に、いまだ統一した名称のない今回の大戦について、ちょうど1年間で終結の見通しであることから暫定的に『一年戦争』と呼ぶことにした」と“おことわり”するほど徹底している。
 

 
 販売価格は税込み400円。
8/6発売
関東・関西・北海道の主要コンビニエンスストア
関東・関西の駅即売店(私鉄、地下鉄、JR西日本駅売店等)
全国のアニメイト各店舗
六本木ヒルズ森タワー3階ショップ
全国のASA(朝日新聞販売所)にて販売。

(※一部、取扱いのないエリア・店舗もあります) 
d9214-121-833422-0
 
c創通・サンライズ