d12577-87-662007-4

トヨタの高級車ブランド「LEXUS」が、 2018年3月に公開されるリュック・ベッソン監督によるSF超大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』に登場するLEXUS初となるコラボデザインの宇宙船「スカイジェット」をデザイン。
リュック・ベッソンの制作チームとLEXUSの加藤武明チーフエンジニアが率いるデザインチームが協業することで、 実現しました。
 『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は、 『レオン』、 『フィフス・エレメント』など、 数々の名作を世に送り出してきた世界的巨匠リュック・ベッソン監督最新作にして、 そのキャリアにおいても最大級のスケールを誇るSF超大作であり、 西暦2740年の未来を舞台にしたスペースオペラ作品です。
 「スカイジェット」は本作の設定年代である700年後の未来に登場し、 主人公である宇宙の平和を守る任務就くヴァレリアン(デイン・デハーン)が搭乗する近未来感溢れる流麗なデザインの小型宇宙船です。 リュック・ベッソン監督の求める世界観を体現するだけでなく、 特徴的なフロント部には、 LEXUSのデザインアイコンである“スピンドルグリル”や“LEDヘッドランプ”が採用されており、 随所にLEXUSの意匠が組み込まれたデザインとなっています。
 また、 12月1日(金)から12月3日(日)に開催される東京コミコン2017に実物大の「スカイジェット」がお披露目されます。  

 ■『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』

・公開日時:2018年3月
・STORY: 西暦2740年。 ヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、 銀河をパトロールしている。 二人が向かう“アルファ宇宙ステーション”は長い年月を経て拡張を続け、 あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。 しかし、 その深部には邪悪な陰謀と、 宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があった…。 果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”と銀河の危機を救うことができるのか―!?
・監督・脚本: リュック・ベッソン
・原作: 「ヴァレリアン」ピエール・クリスタン(作)/ジャン=クロード・メジエール(画)
 ※小学館集英社プロダクションより2018年2月7日頃発売予定
・キャスト: デイン・デハーン、 カーラ・デルヴィーニュ、 クライヴ・オーウェン、 リアーナ、 イーサン・ホーク、 クリス・ウー、 ジョン・グッドマン、 ハービー・ハンコック、 ルトガー・ハウア
2017年|フランス|英語|カラー|スコープサイズ|137分|配給:キノフィルムズ
コピーライト:(C) 2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION
公式HP: http://valerian.jp/


■東京コミコン2017にてお披露目される「スカイジェット」
12月1日(金)〜3日(日)にて開催される「東京コミコン2017」にて、 実物大の「スカイジェット」が公開。 他にも劇中で活躍する『スター・ウォーズ』にも影響を与えた宇宙船とされる「イントルーダー」も登場。 実物の1/10スケールとなる全長7mの大きさのイントルーダーが展示されます。 ブースの上空に浮かぶイントルーダーの圧倒的な存在感と、 全長4.7mの「スカイジェット」の美しいデザインを直接見ることができる貴重な機会です。 また、 ブースでは、 ヴァレリアンとローレリーヌらの衣装や原画などの展示や、 映画に登場するパール人との写真撮影、 来年2月に発売を予定している原作コミックの試し読み小冊子の配布、 さらには東京コミコン会場限定特典付きの前売り券(ムビチケカード)発売も劇場販売に先駆けて予定されており、 『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』の世界観を堪能することができます。
「スカイジェット」の詳細はこちら>>
http://lexus.jp/brand/global_brandad/skyjet/