001_pic
002_pic
排出ガス規制に適合、従来の乗り味とスタイリングを継承し復活デビュー40周年を迎えたロングセラーモデル「SR400」を発売 

ヤマハ発動機株式会社は、2017年に生産を終了した「SR400」を「二輪車平成28年排出ガス規制」適合モデルとして11月28日より発売予定.

「SR400」は1978年に発売以後、ビッグシングルエンジン、シンプルかつ美しいスタイリング、キックスターター方式、といった特長を継承し熟成を迎えたロングセラーモデル

2018年モデルの特長は新たな特徴は、
  1. 優れた環境性能と燃費性を実現するO2フィードバック制御の精度向上、
  2. 蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスターの採用
  3. 音響解析技術を駆使し、低音と歯切れの良さを向上させた新マフラー
などとなっており、特長的なキックスターターやデコンプレバーなどは従来モデル同様継続採用
「ヤマハブラック(ブラック)」グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)」の2色のほか、「ベリーダークオレンジメタリック1(ブラウン)」をベースに、職人の手作業によるサンバースト塗装を施したフューエルタンクや真鍮音叉エンブレム、サイドカバーの電鋳SRエンブレムなど、素材から塗装まで所有感を満たす装飾にこだわった「SR400 40th Anniversary Edition」も登場

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/sr400/

40th Anniversary Editionを数量限定で同日発売
 https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/sr400/40th/?mail180922  

「SR400」572,400円 (本体価格530,000円/消費税42,400円)
「SR400 40th Anniversary Edition」
691,200円 (本体価格640,000円/消費税51,200円)

11/28発売