NPO法人光探索協会が開発した光探索システムは山岳遭難者をサーチライト搭載ドローンで捜索する光探索システムの実演を行った結果、約150m上空から探索可能。

この光探索システムに加え、登録情報(写真、メッセージや連絡先)を自由に書き換え可能な可変QRコードを使用した再帰性反射キーホルダーの普及を展開しており、この度「山と渓谷」2022年5月号にて10名様にプレゼントします。




山と渓谷 2022年5月号【雑誌】【3000円以上送料無料】
山と渓谷 2022年5月号【雑誌】【3000円以上送料無料】

【光探索システムとは】

再帰性反射材という入射した光を入射方向に高精度に再反射するマテリアルで印刷されたグッズに、光を照射して山岳遭難者や迷子を探索するシステムです。一般的に再帰性反射材は高速道路の標識や夜間に目立つテープ状反射材としても使用されています。その再帰性反射材に特別な可変QRコードを付加することによって、個別識別を可能としています。この可変QRコードは登録情報(写真、メッセージや連絡先)を自由に書き換えすることができることから、メッセージとして記入された個別情報は遭難時に大変有効な情報になります。


【高輝度再帰性反射の可変QRコードキーホルダー】

下図に示すように、QRコードをスマホで撮影すると、登録した写真とメッセージが相手側のスマホに表示されます。例えば、登山者の顔写真や連絡先を登録しておけば、遭難時の個別識別に役立ちます。可変QRコードの最大の特徴は、Wi-Fiやスマホが繋がる環境であれば、登録した内容を何度でも自由に書き換え可能であることです。例えば、次の日の登山計画をメッセージに登録しておけば、電子的な入山届の役目をします。そのメッセージはNPO法人のサーバーに蓄積され、遭難時には有効に活用することができます。また、NPO法人の東京支部が設置されている日本山岳救助機構合同会社(東京都新宿区)と情報を連携することができます。

可変QRコードキーホルダー


名刺代わり 反射板 キーホルダー 登山グッズ 登山用品 入山届 遭難 かわいい 迷子札 徘徊防止 犬 軽い 猫 ペット 便利グッズ・雑貨 迷子防止 迷子 ドッグタグ ネームキーホルダー 可変 QRコード メッセージ 反射 フラッシュ ペットタグ 撮影 連絡先登録
名刺代わり 反射板 キーホルダー 登山グッズ 登山用品 入山届 遭難 かわいい 迷子札 徘徊防止 犬 軽い 猫 ペット 便利グッズ・雑貨 迷子防止 迷子 ドッグタグ ネームキーホルダー 可変 QRコード メッセージ 反射 フラッシュ ペットタグ 撮影 連絡先登録