パリ・ファッション・ウィークにて発表した2023年春夏シーズンのポール・スミス ウィメンズコレクション。


ps (2)



メンズコレクションの流れをくみ、 80年代にインスパイアされた危なげなムードが全体に漂います。 とくに、 現代的なテーラリングの提案とイブニングウェアが持つ汎用性に重点が置かれました。 

Paul Smith | ファッション通販サイト



ps (1) 


イブニングスーツもまた今シーズンの大きな特徴で、 70年代と80年代のポールにとってのミュージックアイコンからインスピレーションを得ています。 力強いショルダー、 ミニマルな構造、 ぴったりとしたウェストに仕立てたジャケットは、 オーバーサイズのボーイフレンド風シルエットが印象的で、 身体のラインを強調することなく美しいフィットを叶えます。 ブラック&ホワイトリネンのタキシード風ツーピース、 ホワイトサテンのタキシード、 「アンタイトル ストライプ」プリントが施されたセットアップなど、 リラックスした雰囲気にデザインされたこれらのルックは、 フォーマルなドレスに代わる存在感を示します。

 ps (4)


今シーズンのドレスは、 カジュアルな要素とよりフォーマルな要素を意図的に対比させています。 とりわけジャージー素材のコラムドレスは、 身頃や袖口に巧みに配したギャザリングにより伝統的なギリシャガウンを思わせる一方で、 スポーティさも想起させ、 ドレスアップもドレスダウンもできます。 ドレスに用いられたコバルトブルーやバーントオレンジといったリッチな色調は、 夏の暑さを思い起こさせます。 今シーズンの本質的なテーマを反映するクラシックなメンズシャツは、 ストライプのコットンポプリンをアシメトリックにパッチワークした軽やかなデイドレスや、 前述でも登場したクロップトビスチェへと再解釈されました。


ps (3)